jQuery(document).ready(function($){$('#aside #lang_sel_list ul').addClass('fancy');});

Your browser (Internet Explorer 7 or lower) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.

X

Navigate / search

丘の周りを歩く 

私が形あるものと見なしてあなたに近づくとき、
あなたはひとつの丘としてこの大地に立つ。
形のないあなたの形を探す人は、
虚空を探し求めて地上を旅する人のようなものである。
想いなしにあなたの本性に黙想することは、
大海に沈む砂糖の人形のように
分離した自己同一性を失うようなものである。
私とは誰かを実現したとき、
私のアイデンティティはあなた以外の何だというのか?
ああ、アルナの丘としてそびえ立つあなたよ!
『シュリー・アルナーチャラへの八連の詩』第3節

Samudram Lake
Samudram Lake

 

Letters from Ramanasramamという本の中で、バガヴァーンはこう語っています。「ギリプラダクシナ」の偉大さは『アルナーチャラ・プラーナ』の中に詳しく述べられています。ナンディケーシャはシヴァ神に同じような質問をしました。シヴァ神は答えました。「この丘の周りを歩くことは良いことです。「プラダクシナ」という言葉は象徴的な意味を持っています。「プラ」はすべての罪を取り除くこと、「ダ」は望みをかなえること、「クシ」は転生からの解放、「ナ」はジニャーナによって解脱を得ることを意味しています。

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE