Your browser (Internet Explorer 7 or lower) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.

X

Navigate / search

真我実現

真我実現  Self Realisation

ヴェンカタラーマンはそのために長い間待つことも、努力することもありませんでした。1896年の夏、まだ17歳にもなっていなかったある日、彼は叔父の家の二階の部屋に一人で座っていました。健康状態はいつものように良好でした。しかし、突然まがうことなき死の恐怖が彼を襲ったのです。彼は今、死のうとしているのだと感じました。 なぜこの感覚が現れたのか、彼には分かりませんでした。しかし切迫した死の感覚が彼を落胆させることはありませんでした。彼は静かに何をすべきかと考えました。そして自分自身に言いました。「今、死が訪れた。それはどういう意味だろうか? 死にゆくものとは何なのだろうか? この身体が死ぬのだ」。即座に横たわると、彼はあたかも死後硬直が起こったかのように手足を伸ばして硬直させました。それから唇を硬く閉じ、息を止めました。こうして彼は身体を死体と同じようにさせたのです。

さて、何が起こったのでしょうか? これが彼の考えたことです。

『これでこの身体は死んだ。それは硬直したまま火葬場に運ばれ、そこで燃やされて灰と化すのだ。だがこの身体の死とともに私は死ぬのだろうか? 果たして身体が「私」なのだろうか? 身体は沈黙し、それ自体に生命力はない。だが私は自分の人格の完全な力を感じているし、それとは別に、私の内側で「私」という声さえ感じる。それゆえ、私は身体を超越した霊性なのだ。身体は死ぬ。だが、それを超越した霊性は死によって触れられることはない。それゆえ、私は不滅の霊性なのだ』。

後に、バガヴァーン・シュリー・ラマナが彼の帰依者のためにこの体験について語ったとき、それは推論による証明の過程のように見えました。しかし、彼はそうではなかったことを説明しました。実現は一瞬の閃きとして起こったのです。そして彼はその真理を直接認識したのでした。「私」とは真の実在、唯一の実在だったのです。死の恐怖は永遠に消え失せました。それ以来、「私」は基底のシュルティ音のようにすべての他の音の根底にあって、それらと交わり調和したのです。

ヴェンカタラーマンはいかなる修練もすることなく、霊性の頂点に立った自分を見いだしました。そして自我は真我という気づきの奔流の中に失われたのです。ヴェンカタラーマンと呼ばれていた少年は、突如として聖者、賢者への変身を遂げ、今や完全な真我の知識をもったジュニャーニとなったのでした。少年の賢者の人生は完全に変わってしまいました。以前まで価値あった物事はその価値を失い、それまで彼が無視してきた霊的な価値が、今は唯一彼の注意を引くようになったのです。学校や勉強、友人や親戚なども、彼にとっては何の意味も持たなくなり、周りの出来事に対する関心を完全に失ってしまいました。そして謙虚、従順、無抵抗などの徳が自然と彼に備わるようになったのです。仲間を避け、彼は独り静かに座ることを好み、真我の中に完全に没入するようになりました。彼は毎日ミーナークシ寺院を訪れ、神像や聖者の像の前に立つたびに、意識の高揚を体験したのでした。涙はあふれ、新たなヴィジョンがつぎつぎと彼の目の前に現れました。