jQuery(document).ready(function($){$('#aside #lang_sel_list ul').addClass('fancy');});

Your browser (Internet Explorer 7 or lower) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.

X

Navigate / search

教え 

シュリー・バガヴァーンが授けた教えは、ある意味で秘密の教えでした。もちろん、彼はすべての人に等しく教えを与えましたし、誰でも質問することができ、答えは公の場で与えられましたが、それでもやはり、一人ひとりに授けられた指導は、非常に直接的かつ個人的で、それぞれの質問者の気質に合わせた形で教え導いたのです。

あるとき、アメリカに大勢の弟子を持つパラマハンサ・ヨーガーナンダがシュリー・バガヴァーンに尋ねました。

「どうすれば人々の精神性を向上させられるでしょうか? どのような指導を与えるべきでしょうか?」

マハルシは答えました。

「それは個人の気質と彼らの心の霊的成熟度にしたがって異なります。全般的な教えというものはありえないのです」

 

実際には、シュリー・バガヴァーンは強烈に活動的でしたが、その活動は完璧に秘められていたため、一般の訪問者の中には、彼がまったく教えを授けないと信じたり、探究者の求めに無関心だと思い込んだりする人たちもいました。ナテーサ・ムダリアールがシュリー・バガヴァーンを訪れるときに、それを思いとどまらせようとしたブラーフマナがいたのですが、そのような人が沢山いたのです。

最も重要な点は、「真我実現はグルの恩寵を通してのみ可能である」という事実にあります。この点に関しては、シュリー・バガヴァーンも他のマスター達と同様に、明確でした。それゆえ、サーダカ(修行者、探究者)は、グルの教えがいかに深淵で、彼の臨在がいかに霊的感化を与えるかということを知るだけではなく、グルがディークシャー(イニシエーション、霊的伝授)を与え、ウパデーシャ(霊的な教え)を授けるということを知る必要があるのです。

グルに対して服従するということは、自分自身の外側にいる誰かへの服従ではなく、グルとして外側に現れた真我が、実は自分の内側に存在するという真実を見いだすためにあるのです。

「師は内側にいます。瞑想は師が外側にいるという無知を取り除くためにあるのです。もし師があなたの待ちわびている未知の人なら、いずれは消え去ってしまうでしょう。そのようなはかない束の間の存在が何の役に立つというのでしょうか?

それでも、あなたが自分自身を身体を持った個人とみなすかぎり、師もまた身体をともなって現れるでしょう。この誤った自己同一視がやんだとき、あなたは師が真我であったことを悟るのです」Talk363.

自己のアイデンティティと「絶対なるもの」が究極的に同一であることを実現したグルが、それを公言しないのは自明の理です。なぜなら、そこに自己のアイデンティティを主張する自我が存在しないからです。同様に、彼が弟子を持っていると言うこともありません。なぜなら、彼にとって「他者」は存在しないため、彼と関係性を持つことはありえないからです。

Major Chadwick with Sri Bhagavan
Major Chadwick with Sri Bhagavan

それでも、帰依者が誠実に悩み、問題の解決を求めているとき、シュリー・バガヴァーンは疑いようもない方法でその人を確信させ、安心させたのです。英国人の帰依者チャドウィック少佐は、1940年に、そのような確信をシュリー・バガヴァーンから受けたことを記録に残しています。

Ch. シュリー・バガヴァーンは弟子を持たないと言われるのですか?

Bh. そうです。

Ch. それでも、もし解脱に達したいならグルは必要だとおっしゃいませんでしたか?

Bh. そのとおりです。

Ch. それでは、私はどうしたらよいのでしょうか? この何年もの間、ここに坐ってきたのはすべて時間の無駄だったと言われるのですか? シュリー・バガヴァーンがグルではないと言われるなら、私はどこか別の所に行って、イニシエーションを授けてくれるグルを探さなければならないのでしょうか?

Bh. あれほど離れた所からあなたをここに連れてきて、これほど長い間あなたをここにとどまらせたのは、いったい何だと思いますか? もしどこか他の所にグルを探しに行く必要があったのなら、とうの昔に行っていたはずです。

Ch. では、シュリー・バガヴァーンは弟子を持つのですね!

Bh. すでに言ったように、シュリー・バガヴァーンの視点から見れば、弟子というものは存在しないのです。しかし弟子の視点から見れば、グルの恩寵は大海のようなものです。もし彼がコップ一つを持ってきたなら、彼が受け取るのはコップ一杯分だけでしょう。大海に向かってケチだと不平を言ったところで何にもなりません。より大きな器を持ってくれば、より多く受け取るのです。それはまったくその人次第なのです。

Ch. それでは、シュリー・バガヴァーンが自分のグルかどうかということを知るのは、単に信仰の問題だということです。もしシュリー・バガヴァーンがそれを認めないのであれば。

Bh. (背をまっすぐにして坐ると、通訳に向かって強調して言った)。彼に聞きなさい。「彼は私から手書きの証明書が欲しいのか?」と。

 

ヴェンカタラーマイア教授は彼の日誌にこう記録している。

あるとき私はピゴット女史にこう言った。「真我実現は、教えや講話や瞑想などよりも、グルの恩寵の結果なのです。それらは二次的なものでしかありませんが、グルの恩寵は最も重要な、必要不可欠な原因なのです」

「あなたはイニシエーションを授けますか?」と尋ねられると、シュリー・バガヴァーンはいつも直接答えることを避けました。しかし、見ることによるイニシエーションは、本当に起こっていたことでした。シュリー・バガヴァーンが帰依者の方に目を向けると、彼の目は帰依者に固定され、その目は強烈に輝きました。その光輝、彼の目のパワーは、帰依者のハートを貫き、思考過程を破壊するのです。ときには、それはその人の全身を電流が流れたかのようでした。あるときは、広大な空間に光が溢れかえったかのようでした。

ある帰依者はそのことをこう描写しています。

「突然、バガヴァーンは彼の輝く透明な目を私に向けました。以前の私は彼の凝視に長い間耐えることができませんでした。今回、私はまっすぐに彼のその素晴らしい瞳を見つめ返しました。それがどれほどの時間だったのかは自分でもわかりません。その目は、音が聞こえるほどのある波動で私をとらえていました。そしてそれが起こった後は、いつも自分がバガヴァーンに吸収されてしまったかのような、これ以降は彼がすべてを仕切って行く、彼が私を導いて行くのだという感覚に満たされるのです」

この体験をした人なら、そのイニシエーションがある人に起こっているときは、すぐに気づきます。しかし、それはいつも目立たないように行われるのです。ヴェーダの詠唱のときに起こることもあります。あるいは夜明け前に、帰依者が突然シュリー・バガヴァーンのもとに駆けつけたいと感じたときなどに起こります。またあるときは、シュリー・バガヴァーンの周りに二、三人しかいないときに起こることもあります。

 沈黙によるイニシエーションも同様に、本当に起こっていました。それは実際にティルヴァンナーマライに行くことができなかった人のハートの中で起こることもありました。またある人たちには、夢の中でさえ起こることもあったのです。